撮影テクニックのノウハウ


露出補正

◇露出補正とは、被写体の色や光(明るさ)によってカメラが決定した露出を調節する機能です。
 
 主に、多分割測光では画面全体が、中央部重点測光、スポット測光では測光した部分が
 極端に白いとき、または黒いときなどに使用します。
 
 例えば、雪がたくさん積もったスキー場での撮影では、
 露出補正なしだと雪がなんとなくグレーになる、
 いわゆる露出アンダーになってしまいます。
 そこで、露出補正で1〜2EVプラスにして適正露出を確保すると、
 真っ白な雪のきれいなスキー場の写真が撮れます。

 逆に、真っ黒な機関車を画面全体に撮影したいときは、
 露出補正なしだと機関車がなんとなくグレーになる、
 いわゆる露出オーバーになってしまいます。
 そこで、露出補正で1〜2EVマイナスにして適正露出を確保すると、
 迫力ある真っ黒な機関車の写真が撮れます。
 
 どれだけ補正するかは経験値がものをいいますので、
 色々チャレンジしてみて下さい。
 
 『白いものはプラス補正』『黒いものはマイナス補正』・・・・
 撮影現場では逆と錯覚しやすいので注意しましょう。

『前のページ』   『次のページ』



デジタル一眼レフカメラを
選ぶならまずここを見てから!
お得な情報満載です!



あなたのデジタルフォトライフを満足させるネットプリント&デジタルライフネットショップ
GAZONE-net(ガゾーンネット)


Howto本ならここを探してみて下さい


トップページへもどる
Copyright (C) since2004 Projectkk All Rights Reserved.










広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー